九州ローカルバス旅時刻表

熊本ローカルバス旅のご案内

 九州・・・じゃなくて日本を代表するカルデラ火山「阿蘇」。規制状況によっては立ち入れないわけですが、噴火活動中の河口を直接のぞくことができる観光地というのはそうありません。
 山に分け入ればさまざまな温泉が、島に渡れば世界遺産候補となった教会群が、川には川下りの船、平野には熊本城、ともかくどこを訪ねても絵になる、九州の中でも魅力ふんだんな県と言っていいでしょう。
 さあ、ローカルバスで先を急がずゆっくり熊本を味わいましょ。
 なお、当サイトは個人作成のサイトです。免責事項をよくお読みの上、ご利用下さいね。

SUNQパス対象路線

 県内全域に路線を有する九州産交バス(子会社の産交バス含む)、熊本市から菊池電車沿線の熊本電鉄バス、熊本市から旧熊延鉄道沿線の御船・甲佐・美里方面の熊本バス、そして熊本市営バスを引き継いだ熊本都市バスの4社と、熊本港~島原港の熊本フェリー天草鬼池港~島原口之津港の島鉄フェリーに利用できます。

ICカード対応路線

 正式名称はなんとも字余りな「熊本地域振興ICカード」、愛称も何とも字余りな「くまもんのICカード」(熊本県が「くまもん」のみを付した商品を認めないため)が2015年よりスタート。最後発の利点を活かせず、全国交通系ICカードが利用できるのは2016年3月からだそうです。なお熊本市電のでんでんnimocaはnimocaそのものなので、全国交通系ICカードと相互利用できます。
 背景には、西鉄-ふくおかファイナンシャルグループ(福岡銀行・熊本銀行)と、九州産交-九州ファイナンシャルグループ(肥後銀行・鹿児島銀行)などの相克があったみたい・・・、不便になるだけだから止めて欲しかったけど。

フリー乗車券

 九州産交、熊電バス、都市バスおよび熊電、市電に利用できるわくわく1dayパスを発売中。利用区域に応じて700円、900円、2000円の3種類があり、2000円の全県版(水俣・芦北・津奈木地区のぞく)がなんと言ってもオトク。これ一枚で熊本県内のほとんどをグリグリまわることができます。
 なお、熊本バスは、わくわく1dayパスは非対応で、九州のバス時刻表でも時刻検索できないので注意。
 その他に、あまくさ乗り放題きっぷや、人吉や八代市街地のコミュニティバスにも1日乗車券の設定があります。

地域のご案内

 熊本県内を6地域に分けて、バスの時刻表をご案内しております。土地勘がない方は、下記の表を参考に地域をお選びください。交通網をベースに分けていますので、県の地域区分などと異なるところがあります。
地域名 主な自治体 主な結節点となる駅・港・バスターミナル(BT) 主なローカルバス旅 観光地
熊本益城 熊本市、御船町、甲佐町、美里町、山都町 熊本駅、熊本交通センター、馬見原 熊本城、通潤橋、霊台橋
荒玉菊鹿 玉名市、荒尾市、山鹿市、菊池市 玉名駅、荒尾駅、山鹿BT、菊池プラザBT、肥後大津駅 万田坑(万田炭鉱館)、玉名温泉、山鹿温泉、菊池温泉
阿 蘇 阿蘇市、南阿蘇村、高森町、産山村、小国町 阿蘇駅、高森駅、ゆうステーションBT 阿蘇山、内牧温泉、黒川温泉、杖立温泉
八代芦北 八代市、芦北町、水俣市 八代駅、水俣駅 日奈久温泉、湯の鶴温泉、湯の児温泉
球 磨 人吉市、湯前町、五木村、球磨村 人吉駅、湯前駅、一勝地駅、人吉IC乗降口 人吉温泉、くま川下り
天草宇土 天草市、上天草市、宇土市、宇城市、 本渡BT、三角駅、宇土駅、松橋駅 天草五橋、三角西港、崎津天主堂

ご利用に当たっての免責事項 

 本サイトは個人が作成しているものであって、各運輸事業者(バス会社など)の正式サイトではございません。
 主要な運輸事業者については、西日本鉄道株式会社が運営されている「九州のバス時刻表」のほうが便利です^^; なお、サイト名が似ておりますがこちらのほうが先発サイトですので、ご了承のほどお願いします。
 誤った情報がありましたら、本サイト管理人にお寄せ下さい。早急に訂正するよう努力いたします。それ以上の責はご容赦下さい。なお、各運輸事業者へ直接連絡されないようお願いします。
 万一、誤りの情報によりご迷惑をおかけすることがあった場合でも、基本的にご利用者ご自身の情報リテラシーの問題としてお考え下さい。

↑ PAGE TOP