北薩(薩摩川内・さつま町)地区-私家版 九州温泉道ナビ

温泉道№122 川内高城温泉 町営共同湯 ★★★

温泉ガイド  →[高城温泉よか湯協議会]

 梅屋前、竹屋前とつづくバス停が好ましい、忘れ去られつつある湯治場。軒を連ねた小さな湯治旅館、土産物屋・・・。
 元湯は、入り口にある小さな土産物屋でお金を払ってから入る、古くからある共同湯。透明でちょっと熱いなめらかな湯が満たされています。見上げると、ちょうど隣の双葉屋の浴室があります。
 表の店には常連客が座り込む小さな座布団台があり、空いていればそこにすわりこんで牛乳を飲みながら雑談に加わってみては如何でしょう。かつて、本場の東北湯治宿の主人をして、湯治場として残された数少ない「桃源郷」と言わしめた高城温泉。ぜひ一泊して、時の流れが止まったような温泉街の空気に身をゆだねたいところです。自炊に必要な食材は、品数は少ないながらある程度は周囲の店でそろえることができます。(なお、弁当類などすぐ食えるものは現地調達はやや困難)
 回りの湯治宿の風呂は250円程度で入れますので、ぜひ足を向けてみてみましょう。湯そのものは共同配湯がほとんどでさほど差はありません。しかし宿の看板がなかったり、戸を開けて入ってみて大声を上げても誰も居なかったりと、ちょっと難易度高い湯めぐりが楽しめ(?)ます。共同湯の周辺では、初心者コースは梅屋・竹屋といったところで、年季の入った渋みに耐えられる方は双葉屋・双葉旅館(旧五助屋)に挑戦してみましょう。・・・と書いていたのですが、数年前から温泉街の公式サイトも立ち上がり、宿のリニューアルや新しい自炊宿の登場など、すっかり元気な温泉街になっているようです。食堂まで出来ているとは! 忘れ去られつつある湯治場もよかったのですが、元気な湯治場もやっぱり嬉しい。これはぜひ再訪しなければ。
〔2018.04更新〕

交通案内   →グーグルマップ

【JR川内駅】から ※なお下記バスは【肥薩おれんじ鉄道 上川内駅】の前も経由する。
○〔川内駅〕→薩摩川内市コミュニティバス (南国交通運行)北部循環線 湯田・西方循環線乗車 〔梅屋前〕下車 すぐ
39分 150円 東回り(高城麓経由)
57分 150円 西回り(西方駅経由)
  ◆  ◆  ◆
【肥薩おれんじ鉄道 薩摩高城駅】から
○〔薩摩高城駅前〕→薩摩川内市コミュニティバス (南国交通運行)北部循環線 湯田・西方循環線乗車 〔梅屋前〕下車 すぐ
12分 150円 西回り

↑ PAGE TOP


温泉道№125 市比野温泉 みどり屋 ★★★

温泉ガイド  →[薩摩川内市観光物産協会]

 北薩内陸部の温泉地は、どこかしら淋しげな雰囲気が漂っているように感じます。市比野温泉も3つの共同湯と多数の立ち寄り湯を擁しているにもかかわらず、古くからある温泉地としては知名度は今ひとつのような・・・。
 みどり屋は、川に面した3階建ての旅館で風格があります。宿のご主人はこの九州温泉道に選ばれたことをたいそう誇りに思っておられるようで、「JR九州八十八湯めぐり」という木看板を独自につくって玄関に掲げておられます。湯めぐり参加者の温泉ノートをつくっておられ、いままで入湯された方のメッセージを見ることができます。
 ここでは入浴前に湯印帳を預け、入浴後に押印された湯印帳の返却を受ける形式となっています。宿の方で、スタンプを押された方の人数を数えておられるそうで、50区切りごとに記念品をいただけるそうです。実はわたしがちょうど350番だったそうですが、バスの時間がなくてダッシュで出ていったので、「もらい損ないました(^^;」
 ・・・実は、宿から飛び出すときに、ご主人がえらく残念そうな表情をされていたので、再訪したところ上記の事情で「記念品を渡そう」としていたことがわかり、申し訳なく思いました。記念品は351番目の方に差し上げたそうですが、「せっかくきていただいたので・・・」ということで、ペットボトル詰めの温泉水と宿のタオルをいただきました。ありがとうございましたm..m
 さて、市比野にはもう一軒お気に入りがあります。川に面した鄙びた自炊宿「丸山温泉」。最近、自炊宿泊棟が新しく建て変わってしまったのですが、逆に言えば自炊文化が生きているということでもあるわけで、これは嬉しく思わなければなりませんよね。こちらは市比野バス停からすぐ。
〔2019.06更新〕

交通案内   →グーグルマップ

【JR川内駅】から
(A)○〔川内駅〕→鹿児島交通 入来鉄道記念館前行き 乗車 〔市比野〕下車 徒歩4分
29分 470円 (40系統)
37分 470円 (41系統)
(B)○〔川内駅前〕→鹿児島交通・南国交通 [特急]鹿児島空港行き 乗車 〔市比野温泉入口〕下車 徒歩12分
18分 750円 
(C)○〔川内駅前〕→南国交通 市比野行き 乗車 〔上の湯〕下車 徒歩2分
30分 460円 ※平日1往復のみ

↑ PAGE TOP


ここも入っとこ♨ 入来温泉 諏訪温泉 ☆☆☆ 

温泉ガイド  →公式[諏訪温泉]

※九州温泉道指定施設ではありません
 内陸部に位置する、忘れ去れた佇まいの入来温泉。
 共同湯「網代(あぜろ)湯」「柴垣湯」は、再開発による区画整理で惜しまれながらも廃業。しかし2015年にオープンした湯之山館はなかなかの施設のようです。網代湯と柴垣湯の2つの源泉がそれぞれに掛け流された湯船、カランではなく湯樋に溜めて湯桶で汲み出す「入来スタイル」を継承、そして新たに別府ひょうたん温泉さん考案の湯雨竹を導入してパワーアップしました。
 さて、今回メイン押しは入来温泉の共同湯から徒歩20分ほどでたどりつく諏訪温泉。濃厚な赤褐色の湯が満たされています。男女の仕切りをぶち抜いて拡張され(女性用は別に新築)熱湯とぬる湯が別々に用意されているので、鹿児島スタンダードの激熱湯に耐えられない人にはオススメ。ちょっと前まで自炊棟もあったんですが、改修されて一般客室にされちゃったのは残念ですが・・・。
 かつて一番オシしていた、一度聞いたら忘れられないネーミングのマダガスカル温泉は、残念ながら廃業してしまいました。
〔2021.01更新〕

交通案内   →グーグルマップ

【JR川内駅】から
(A)○〔川内駅〕→鹿児島交通 入来鉄道記念館前行き 乗車 〔清修館高校前〕下車 徒歩17分
46分 560円 (40系統)
54分 560円 (41系統)
(B)○〔川内駅前〕→鹿児島交通・南国交通 [特急]鹿児島空港行き 乗車 〔入来中学校前〕下車 徒歩20分
23分 800円 
  ◆  ◆  ◆
【JR鹿児島中央駅】から
○〔鹿児島中央駅〕→JR九州バス 宮之城駅行き 乗車 〔入来麓〕下車 徒歩15分
66~69分 900円

↑ PAGE TOP


ここも入っとこ♨ 紫尾温泉 紫尾区大衆浴場 ☆☆☆

温泉ガイド  →[紫尾温泉組合]

※九州温泉道指定施設ではありません
 神社の敷地に位置しているため神の湯(上の湯)と称され、最近改築された建物ながら社殿建築を模した屋根はなかなか見事なもの。湯の中にも黒い湯の花がハラハラと舞っており、浴室の窓からホンモノの神社の社殿が見えたりと、入浴中も神々しい雰囲気になります。泉質のため、床がツルツルに滑りますからコケないように。また、毎年10月過ぎに柿の実が入浴・・・じゃなかった渋抜きのために漬け込まれる温泉枡も完備。ちなみにこの柿は「あおし柿」という名前になるそうで、現地で売ってます。ぜひ秋に訪れて、柿も買って帰りましょ。
 それからホントに温泉好きの方だけに行っていただきたいのが、美富食堂。食堂はだいぶん前に廃業しているのですが、看板が残ってますのですぐに分かるかと思います。「肝試し」などと大変失礼な紹介をしているブログもありますが、旅籠のような建物の中を障子戸を開けて進んでいくと、半地下のかなりぬるめのお湯に到着。一人で浸かっているとタイムスリップして心が湯に溶けていくよう・・・。ちゃんと注意書きを読んで入浴できる方のみにオススメしておきます。ただ情報の少ない湯だけに、すでに温泉もやめてしまってらゴメンナサイ。
 なお、九州温泉道原指定施設だった「しび荘」は高級路線に転換して立ち寄り湯不可になり、2020年度末に指定除外となりました。(なお2021年6月に、宿の公式サイトを閲覧したところでは、立ち寄り湯はCOVID-19対応で休止中としてあるのでそのうち入浴できるようになるのかも?)。
〔2021.06更新〕

交通案内   →グーグルマップ

注意 南国交通〔鉄道記念館前〕、鹿児島交通〔宮之城鉄道記念館前〕、JR九州バス〔宮之城駅〕、さつま町乗合タクシー〔宮之城鉄道記念館〕は同一の場所です。なお、南国交通〔宮之城〕はまったく別の場所です。
【JR出水駅】から
○〔出水駅〕→南国交通 鹿児島空港行き 乗車 〔宮之城駅(鉄道記念館前)〕下車
37分 1060円 
  ↓ ↓ 乗り換え ↓ ↓
○★〔宮之城鉄道記念館〕→さつま町乗合タクシー 柊野・紫尾線 乗車 〔紫尾上〕下車すぐ
30分 200円 月~金運行 ※乗車日の前日までに電話予約が必要
  ◆  ◆  ◆
【JR川内駅】から
○〔川内駅〕→鹿児島交通 [30]宮之城車庫行き 乗車 〔宮之城鉄道記念館前〕下車
54分 700円 
  ↓ ↓ 乗り換え ↓ ↓
○ 上記★の乗合タクシー
  ◆  ◆  ◆
【JR鹿児島中央駅】から
○〔鹿児島中央駅〕→JR九州バス 宮之城駅行き 乗車 〔宮之城駅〕下車
1時間33分~1時間41分 1220円 
  ↓ ↓ 乗り換え ↓ ↓
○ 上記★の乗合タクシー

↑ PAGE TOP


温泉道№142 湯之元温泉 田之湯 ★★★

温泉ガイド  →[日置市役所]

 肥薩おれんじ鉄道・鹿児島本線沿いに連なる、地味ながらも良泉といえる温泉たちの最南端に位置する湯之元温泉。公衆浴場が家族湯も含め8軒、日帰り入浴も受け付ける湯宿が6軒。小さな町並みのどこに温泉が隠れているか散策するのも楽しい。代表格は、元湯・打込湯と2つの温泉が楽しめるその名もズバリ「湯之元温泉株式会社」で、山の斜面に取り付けられた温泉マークの看板もほほえましい。
 一方、田之湯は二番手ともいえる存在で、「日本朝風呂党本部」を兼ねて(?)おり、5時半に営業開始。なお、朝風呂党の方々は激アツ党員も兼ねておられるようで、ともかく熱い。朝一にこんなに熱い風呂に入って健康が保てるのかなぁと思うけど。ところでよ~く浴槽を見ましょう、激アツ湯が直接注がれる湯船とそれがオーバーフローしている湯船で湯色が違います(上のアイコン写真でわかるかな?)目の前で色が変わっていくのが分かるって貴重。もちろん激アツ湯の方がトロトロ。つまり熱さと湯の新鮮さはトレードオフになっていて悩ましい。
 ついでに言っておくと、実は激アツ党(勝手につくるな\^^)の本拠地は他にあって、その名はゆわく温泉。建物に看板も出てないので行きすぎてしまいそうですが、まあググったら出てきますよ。高温側の浴槽は50℃前後あるそうです。手桶で汲み出した湯はいっそうトロトロだった気がする・・・けど、入れませんでした。60℃以上になるとタンパク質は熱変成により壊れますので、もう重大災害発生必至の避難指示ゾーンです。
 なお、北薩の湯の街と共通する哀愁を帯びた駅前の町並みは、再開発でおとといできたばかりの造成中の新興住宅街みたいになってしまってます。駅を降りたところから期待が高まる温泉地だったのに残念至極。
〔2021.01更新〕

交通案内   →グーグルマップ

【JR湯之元駅】から 徒歩9分
  ◆  ◆  ◆
【JR川内駅】から
○〔川内駅〕→鹿児島交通 [51]鹿児島駅前行き 乗車 〔田ノ湯〕下車 徒歩2分
48分 720円

↑ PAGE TOP