長崎都市圏 私家版 九州温泉道ナビ

温泉道№164 長崎温泉 喜道庵 ★★★

温泉ガイド  →公式[喜道庵]

 高級路線の単なるスーパー温泉だろうと思っていたところが、行ってみると施設はそこまで高級感はなく、良くいえば家族的、悪く言えば垢抜けない・・・。「これはひょっとして」という予感は的中。湯に一足つけただけで、感じるこのトロトロ感は!!! ふわふわと包まれるように全身を湯に沈めると、真ん前には大村湾に沈む夕日。
 これは良い意味で、裏切られました。先入観で忌避していた私の完敗です。ありがとう、九州温泉道。また一つ良いお湯に巡り会えました。あとは浴衣やバスタオルはオプションにしてもらって、もうちょっと庶民的な値段にしてもらえると◎です^^; いくらなんでも今の価格は強気すぎで、値段も加味するとあまりお勧めが・・・。
 なおアクセスとしては、大村湾に徹底して寄り添うルートをお勧めしておきます。諫早駅からななつ星も通るという長与廻りのディーゼルカーに乗って、大草下車。ミカン畑の中をクネクネと進む赤い長崎県営バスで大浦(多良見)へ。そこから先の長崎バスは特に接続しておらず時間が空きますが、のんびりミカン畑から海を見下ろしてすごしましょう。収穫時期には、100円でビニル袋いっぱいに入ったミカンが無人店舗に並べられてますよ。
追 夏と冬で引き回しの距離を変えて(加水したりすることなく)入浴に適した温度を保っているそうで、毎分300L近い豊富な湯量とこれらのこだわりが良いお湯をつくってるんですねぇ。
 ただ、「循環しないのでナトリウムイオンが減らずにつるつる感を保っている」旨の記載は、「?」。(浴室での撮影が禁止なので正確なメモではないですが)。ナトリウムイオンは安定なイオンで、陽イオン交換樹脂でも通さない限り消えたりしないと思うけど・・・。ついでながら、くじゅうでかつて某生協が経営していた温泉でも、「湯に張った膜は、硫黄がカルシウムに変化したものです」とかいう、トンデモ核融合風呂の掲示がされてましたし・・・。入る側の私たちは身体が感じてくれるままでいいので知らなくて構わない話だけど、表示するなら自分の商品についてちゃんと勉強して欲しい。
〔2020.04更新〕

交通案内   →グーグルマップ

【JR長崎駅】から
(A)○〔長崎駅前〕長崎バス [1]堂崎・多良見大浦行き 乗車 〔大堂平〕下車 徒歩3分
480円 42~45分 丸田温泉経由48~50分 道ノ尾温泉経由49分
平日:→長崎バス(10満永・本川内線 満永線参照 ※大堂平着は、堂崎着の3分前)
土休:→長崎バス(10満永・本川内線 満永線参照 ※大堂平着は、堂崎着の3分前)
(B)○〔長崎駅東〕→無料送迎バス 火・木・土運行 (月・水・金・日は、赤迫まで長崎電軌利用で乗り継ぎ)
無料 45分
  ◆  ◆  ◆
【JR長与駅】から 〔榎の鼻〕バス停まで徒歩8分
(A)○〔榎の鼻〕長崎バス [1]堂崎・多良見大浦行き 乗車 〔大堂平〕下車 徒歩3分
14分 240円 
19分 240円 (丸田温泉経由)
平日:→長崎バス(10満永・本川内線 満永線参照 ※大堂平着は、堂崎着の3分前)
土休:→長崎バス(10満永・本川内線 満永線参照 ※大堂平着は、堂崎着の3分前)
(B)○〔長与駅前〕→無料送迎バス
10分 無料 
  ◆  ◆  ◆
【JR大草駅】から ※一部便は【JR諫早駅前】始発
○〔大草駅前〕→長崎県営バス 大浦(多良見)行き 乗車 〔大浦(多良見)〕下車
21~23分 340円 
33分 340円 (重尾経由)
  ↓ ↓ 乗り換え ↓ ↓
○〔多良見大浦〕長崎バス 長崎新地ターミナル行き 乗車 〔大堂平〕下車 徒歩3分
6分 170円 
平日:→長崎バス(10満永・本川内線 満永線参照 ※大堂平着は、堂崎着の3分前)
土休:→長崎バス(10満永・本川内線 満永線参照 ※大堂平着は、堂崎着の3分前)

↑ PAGE TOP


温泉道№181 野母崎温泉 のもん湯 

温泉ガイド  →公式[のもん湯]

※九州温泉道指定施設ではありません
 今のように観光整備される前、軍艦島に(こっそりと)渡航する拠点になっていたのが野母崎半島のここらへんで、釣り客を島に渡す瀬渡し船に「釣りをする」という名目で依頼するのが定番でした。今だからおおっぴらに書けるけど。(もう今は整備された見学通路以外の領域に入り込むことは厳禁ですぞ)さて、その歴史(おおげさ?)を思ってか名付けられた「対岸に見える『Alrega(アレが)軍艦島』」でしたが、野母崎町から引き継いだ長崎市も結局は運営をあきらめ、民間に譲渡。2021年に「のもん湯」として再出発しました。
 『Alrega軍艦島』のときは、前身の『野母崎海の健康村』と違って「高濃度の炭酸が含まれる温泉の効能を活かすために温泉施設をリニューアル」して源泉浴槽を設け、濃厚な炭酸濁り湯が楽しめる九州温泉道指定施設にふさわしいお湯になってました。「湯を揺らさないで」という注意書き、ほぼお湯と同じラインまでパイプを下げてから注がれる源泉という、炭酸泉の扱いをわきまえた湯船に興奮したのを覚えています。
 さて、のもん湯になってどうなったんでしょう。気になるのは、開業前のインタビューに「キタナイ析出物が出ないようにしました」と施設責任者がのたまっていたこと。もともと嬉野で循環湯やっている企業グループが引き継いでいるので、浴室に黄土色の析出物が出ているのは許せないのかも・・・。折角の濃厚温泉が、「野母崎海の健康村」時代の無色透明水に逆戻りしてませんようT^T。 〔2021.06更新〕

交通案内   →グーグルマップ

【JR長崎駅】から
(A)○〔長崎駅前南口〕長崎バス [30]樺島・岬木場 行き乗車 〔運動公園前〕下車 徒歩9分
620円 54分
平日:→長崎バス(3長崎半島線 野母崎・樺島・岬木場線参照)
土休:→長崎バス(3長崎半島線 野母崎・樺島・岬木場線参照)
(B)○〔長崎駅前南口〕長崎バス [30]樺島・岬木場 行き乗車 〔運動公園前〕下車 徒歩9分
620円 54分
平日:→長崎バス(3長崎半島線 野母崎・樺島・岬木場線参照)
土休:→長崎バス(3長崎半島線 野母崎・樺島・岬木場線参照)
  ↓ ↓ 乗り換え ↓ ↓
○〔運動公園前〕→長崎市コミュニティバス 野母崎線 野母崎地域センター行き 乗車 〔Nomon長崎〕下車 すぐ 150円 1分

↑ PAGE TOP