松浦(唐津)地区 私家版 九州温泉道ナビ

温泉道№007 高串温泉 唐津市肥前町福祉センター ★★★

温泉ガイド  →公式[肥前町福祉センター]

 九州温泉道の公式サイトには「循環湯ながら」と断ってはありますが(ちなみに他にも循環湯の指定施設は結構ありますけど・・・)、1時間に1回の新湯投入タイム(ほぼ00分の前後、約10分)には、洗い場を洗い流すオーバーフローをみることができます。源泉は、浴槽の奥の壁面の穴から、非加熱状態で供給されます。小さな金属製の手すりがついているとこね。(上の写真にある壁の湯口から落とされているのは循環湯、その斜め左下にある「熱い湯が出るので注意」って書いてある壁面の穴も違いますよ)そこに陣取り、水のように感じる30℃もいかない源泉の直撃を受けると、体がとろとろになってくるのを実感することができます。
 新湯投入タイムに出会わなかったときは、浴場入ってすぐの左にある「温泉」と書かれた蛇口をひねりましょう。すると非加熱の源泉がトロトロとたれてきます。その下で座禅を組むと(?)、気分はゼリーを頭からかけられているモモかミカン。しばらくすれば、トロトロをまとったフルーツインゼリーのできあがり!
 なお、フルーツインゼリーづくりは夏場にしましょうね。冬はちょっと温度的に厳しいでしょう。
 福祉センターを名乗りますが、食堂完備で休憩室で存分にゴロゴロもできますので、塩素臭漂うスーパー銭湯より断然オトクです。玄関には「温泉通に選ばれた名湯」と題して、この88湯めぐりのポスターが掲示されてます。
 裏の給湯ポンプをのぞきに行くと、石組みの小川に突き立てられた源泉のパイプを見ることができます。なんか良い景色。貯湯タンクからは「いろは島」って書かれたパイプも出ており、これが送湯されて「満越温泉」になるわけですね。また、呼子のお台場の湯にもタンクローリー湯(実際はポリタンクだけど)として供給されており、この地区では引っ張りだこの名泉です。
〔2019.12更新〕

交通案内   →グーグルマップ

 お得な切符については、温泉巡りに便利なきっぷをご覧下さい。
【JR唐津駅】から 
 〔大手口(唐津バスセンター)〕までは駅から徒歩7分。2013年4月のダイヤ改正により直通系統が廃止されたので、〔入野〕で乗換となります。ルート的には〔古保志気〕乗換が最短ですが、〔入野〕で接続するダイヤになっています。〔古保志気〕にはスーパーマーケットがあるので何か買い物をしたいならそちら、雨の日などは待合室のある〔入野〕で乗り換えるといいでしょう。〔古保志気〕のバス停位置は行先によって違うので、下車時に運転手に確認することをお勧めします。
 また、入野・古保志気~福祉センター間は、1日に2回利用するときは運賃が100円になります。1回目の乗車時に、運転手に申し出て「往復・乗り継ぎ割引券」をもらっておいて下さいね。
○〔大手口(唐津バスセンター)〕→昭和バス 入野行き 乗車 〔入野〕下車
39分 950円 (切木経由) (〔古保志気〕乗換時は34分)
50分 950円 (有浦経由) (〔古保志気〕乗換時は45分)
    ↓   ↓  乗り換え  ↓  ↓
○〔入野〕→昭和バス 福祉センター(高串)・黒崎行き 乗車 〔福祉センター前〕下車 すぐ
12~14分 200円 (〔古保志気〕乗換時は7~9分) ※月水金ダイヤ、火木土ダイヤ、日祝ダイヤの3種類があるので注意。

↑ PAGE TOP


温泉道№170 有田温泉 ☆☆

温泉ガイド  →公式[有田温泉]

※九州温泉道指定施設ではありません
 改廃の激しい佐賀の九州温泉道。過去に13湯が指定され、うち6湯が廃業や指定除外となってます。
 さて、隣接する「有田スイミングスクールの湯」から独立した「有田温泉」は2017年に新規指定されたものの、現在は温泉道指定から外れています。当初は、スイミングスクールで温泉に入浴できるというスキモノの心をくすぐる施設だったのですが、現在はスイミングスクールでの一般入浴は不可となり、独立した「ヌルヌル有田温泉」という家族湯を併設する日帰り施設となっています。
 家族湯が増設されない時代は、シャワーやカランも温泉水で、蛇口をひねると流れ出すトロントロンヌルヌルぶりに驚嘆したのですが、家族湯を増築して湯量が不足したのか「温泉水です」の表記がなくなりたぶん水道水に。もともとスイミングスクールが出自だけあって、浴槽の湯も塩素消毒がバッチリ効いた循環湯で(ソレを補ってもあまりあるトロントロンのカラン湯水だったのですが)・・・、ちょっと悔しい状態に。
 広々とした真四角の露天風呂が源泉の冷鉱泉となっており、夏場はよろしいけど冬場は死にそう・・・。低温源泉槽は室内におきましょうよ~。
〔2018.01修正〕

交通案内   →グーグルマップ

【MR三代橋駅】から
○徒歩5分
  ◆  ◆  ◆
【JR有田駅】から
(A)○〔有田〕→松浦鉄道 伊万里行き 乗車 〔三代橋〕下車 徒歩5分
3分 190円 
(B)○〔有田駅前〕→有田町コミュニティバス 東西線(平日)・西方線(土日祝)乗車 〔三代橋〕または〔三代橋駅入口〕下車徒歩3分(三代橋下車)・8分(三代橋駅入口下車)
5~6分 200円 

↑ PAGE TOP


ここも入っとこ♨ 妙法寺温泉 飛龍乃湯 ☆☆☆

温泉ガイド  →公式[楽養の里]

 惜しまれながら廃業(正確には外来入浴を廃止)した、唐津の厳木(きゅうらぎ)にある妙法寺温泉「飛龍乃湯」が2015年に復活。もともとは檀家さん用の温泉だったそうですが、土日祝の14~18時のみ一般営業を再開しています。遠くからも見える高さ42m3階建ての立派な本堂、寺カフェや宿坊(もちろんお風呂は温泉)まで備えた総合レジャーランド・・・じゃなかったお寺です。スキモノにはたまらない温泉の一つといっていいでしょう。お寺の温泉と言えば、別府の長泉寺の薬師乃湯が知られていますが、あちらは手作り感があるのに対して、こちらは立派な「温泉施設」感があります。
 ちょいヌルヌルの湯があなたを迎えてくれます。宿坊も、1人から泊まれますし、人数が集まれば1棟貸しもしてくれるそうですので、温泉仲間との一泊に如何? なお、残念ながら寺カフェ「花の坊」は休業中だそうですが・・・。
〔2020.06更新〕

交通案内   →グーグルマップ

【JR岩屋駅】から
○徒歩20分
  ◆  ◆  ◆
【唐津大手口】から ※福岡市内から高速バス利用か、JR唐津駅下車徒歩7分
○〔大手口(唐津バスセンター)〕→昭和バス 佐賀駅バスセンター行き 乗車 〔町切(ちょうぎり)〕下車 徒歩15分 
36分 630円 
  ◆  ◆  ◆
【JR佐賀駅】から ※JR久保田駅からも乗車可
○〔佐賀駅バスセンター〕→昭和バス 唐津(大手口)行き 乗車 〔町切(ちょうぎり)〕下車 徒歩15分 
76~90分 910円 

↑ PAGE TOP