北九州・筑豊地区 私家版 九州温泉道ナビ

温泉道№178 遠賀川温泉 ★★★

温泉ガイド  →公式[遠賀川温泉]

 いやぁ・・・2018年に、新規指定されてしまいました、遠賀川温泉。北九州でパンチの効いた湯を求めるならこちらですよ。
 濃厚な赤湯で料金も高いので、分かる人だけが来る名湯になっているようです。近くに住んでいる知人に話すと、「高いし濁ってるからいかない」なんて言われちゃいました。しかし、九州温泉道修行者の皆さんであれば、この湯の良さは一目瞭然でしょう。お風呂しかない入浴施設としては高めなので(ゴメンナサイしつこくて^^;)、何時行っても人影が少なくゆっくり入れます。なお、外の露天風呂は、鉄分を濾過しているため笹濁りです。こちらのお湯を上がり湯にすると、身体をふいたときにタオルが真っ赤になるのを防げますよ。
 「どこからお見えですか?」って受付で私は毎回聞かれます。泉質を求めて各地からお客さんが来てくれることが、お湯にこだわってきた湯主の心の支えになっているような気がします。ぜひご訪問くださいな。
 ・・・と以前、書いていたけど、公式サイトに「公共交通の関係者は入浴をご遠慮ください」との記述を見つけました。コロナ対策のつもりらしいのですが、バスやタクシーの運転手だけは来るな、という感覚は許容できないなぁ。医者や看護師は来るなと言っているのと同レベルのことですよね・・・。
〔2020.06更新〕

交通案内   →グーグルマップ

【JR遠賀川駅】から
(A)○〔遠賀川駅(北口)〕→遠賀川町コミュニティバス [401][402]老松・広渡線(循環) 乗車 〔牟田入口〕下車 すぐ
10分 200円 ([401]時計回り循環)
25分 200円 ([402]反時計回り循環)
(B)○〔遠賀川駅前〕→西鉄バス筑豊 [66][68]直方行き 乗車 〔浅木〕下車 徒歩15分
8分 200円 
(C)○〔遠賀川駅(北口)〕または〔遠賀川駅南口〕→遠賀川町コミュニティバス [201]~[204]虫生津・浅木線(循環) 乗車 〔浅木〕下車 徒歩15分
6分~29分 200円 ※運行系統により異なる

↑ PAGE TOP


温泉道№010 方丈温泉 ふじの湯の里 ☆☆☆

温泉ガイド  →公式[ふじの湯の里]

※九州温泉道指定施設ではありません
 30℃後半の源泉が注がれる大きな源泉風呂には、死んでいるのではないかと思うほど身動き一つしない方々がずらりと浸かっている。土のにおいがする濁った深緑色の湯は、長く入っているとわずかながら泡付もあってなかなかのもの。もとは公共の施設ながら、源泉風呂は塩素消毒をせず紫外線消毒を採用しているという配慮もいい。(なお、加温風呂や露天風呂は循環、塩素消毒)
 仮設時代は、この湯が狭い浴槽になみなみと注がれていたそうで、そのときを知る温泉通からは「もう、ほうじょう温泉はほうじょう温泉ではない」との評価を一時うけたりしましたが、福岡県で五指に入る泉質といって過言ではないでしょう。
 なお、2020年、福智町が民間に売却したため、いったん閉鎖されましたが6月から再オープンしました。閉鎖前は温泉道指定施設だったので、後継業者と話がつけば、再指定はされると思いますがいまのところ「温泉道指定施設ではありません」のでご注意を。
 市町村の合併特例債の「効力」が切れてきたので、各地で三セク施設の閉鎖ラッシュが続きそうです。アレガ軍艦島も買い手がつかないままだし・・・。ここは再開できて本当に良かったです。食事処のトマトスープベースの「方城すいとん」がお気に入りだったので、筑豊ラーメン山小屋になってしまったのはちょっと残念。まあラーメンも悪くないですが、山小屋はね・・・。
 平成筑豊鉄道「1日フリー乗車券 ちくまるきっぷ 1000円」に無料入浴の特典がついてます。これはゼッタイお得ですね。また普通に乗車される場合でも、平成筑豊鉄道の金田駅下車時に運転士に申し出ると50円引きの割引券がいただけます。
〔2020.06更新〕

交通案内   →グーグルマップ

【平成筑豊鉄道 金田駅】から
(A)○〔金田駅前〕→無料送迎バス 乗車 徒歩すぐ
6分 無料
(B)○〔金田駅前〕→福智町コミュニティバス 弁城コース・循環コース 乗車 〔ほうじょう温泉〕下車 すぐ
27分・34分(循環方向により異なる) 無料(どなたでも乗車できます)
  ◆  ◆  ◆
【平成筑豊鉄道 赤池駅】から
○〔赤池駅前〕→福智町コミュニティバス 循環線コース 乗車 〔ほうじょう温泉〕下車 すぐ
15分・18分(循環方向により異なる) 無料(どなたでも乗車できます)

↑ PAGE TOP